151943873_467260350971701_88696858422457

Naked Craft project residency 2017

interview with Griet Beyaert & Paul Miller
Shin-nagata, Kobe

 
 
 

Naked Craft Project Residency に参加した経緯
2017年4月、私は神戸のNaked Craft Project Residency (ネイキッドクラフトプロジェクト)のメンバーに選ばれました。実際のガラス製作の中で、私はデジタルアーティストのPaul Miller (ポール・ミラー)とのコラボレーション製作に多くの時間を費やしました。私達はガラス、音、映像、プロジェクションマッピングを取り入れたインスタレーションを製作しました。

私達のホストである吉田さんとの会話の中でこれらは非常に際立ち、数ヶ月後、私達はプロジェクトのメンバーに選ばれ日本に招待されました。

 
 
 
 
 

How to know and participate Naked Craft Project Residency?
In April 2017 I was selected for The Naked Craft project residency in Kobe, Japan. Within my practice of glass making, I spend a large proportion of my time collaborating with digital artist Paul Miller. We create installations involving glass, sound, video and projection mapping.
This came to the forefront in conversations with our host, mister Nobuyasu Yoshida, in the months following my selection and prompted him to invite both of us.

 
 
 
 

Naked Craft Project Residency での制作について
私達は11月1日に東京から新幹線に乗って神戸の新長田に到着しました。私達は大歓迎され、新長田に新しい宿泊施設にひとまず落ち着きました。荷物を下ろした後、コンテポラリーダンサーの井原さん(Miku Ihara)と振付師の山本さん(Kazuma Yamamoto)のもとを訪れました。私達のプランは「Blue Moment」をテーマにしたコラボレーションパフォーマンス/インスタレーションを製作することでした。私達が会話をする言語になりうるものは、ダンスの動きの1つであったり、ジェスチャーや直感的な反応であったりします。私達は集まって外形や部分的なインスタレーションについて議論する前に、音源や映像をコミュニティセンターや港から収集しコンテンツ製作をそれぞれが行いました。コミュニティセンターや、そのディレクターである諌山さん(Kazuhiko Isayama)と吉田さん(Nobuyasu Yoshida)の素晴らしいサポートのおかげで、パフォーマンスは大成功を収め、またインスタレーションの展示を継続することができました。

 
 
 
 

Practice at Naked Craft Project Residency

We arrive at Shin-Nagata, Kobe on November first having taken the Shinkansen from Tokyo. We’re made very welcome and settle into our newly built accommodation at Shin-Nagata. After dropping our bags, we dive straight in with a visit to Contemporary dancer Miku Ihara and Choreographer Kazuma Yamamoto. The plan is to create a collaborative performance / installation themed ‘Blue Moment’. The language we converse in becomes one of dance movements, gestures and intuitive responses. We each continue to work on the content of the piece, collecting sound and video from the community centre and the harbour before we get together to discuss form and installation of the piece. With excellent support from the centre and its director Mister Kazuhiko Isayama and Nobuyasu Yoshida, the performances are a great success and we’re allowed to extend the exhibition of the installation.

 
 
 
 
 
 
 
152618683_1130254477483769_4827801449238

​パフォーマンス風景

 

Naked Craft Project Residency について
私達の親切で気の利くホストは、すべてのコラボレーション/展示のプログラムを取り纏め、ワークショップや訪問などを計画してくれるだけでなく、私達に可能な限り多様なアーティストやアートイニシアティブの方に会わせようとして下さいました。彼の粘り強さと、このプロジェクトに対する責任感は非常に立派だと思います。印象的だったことは、障害のあるアーティストの作品をサポートするチームが運営するアートスタジオの訪問です。これは非常に印象的で簡単には忘れらません。あたたかいおもてなしの後、スタジオのスタッフとオーナーはアート作品のほとんどを私達に見せてくれました。高い水準の作品に感銘を受け、展示された各作品には作品の背後にあるアーティストの物語が添えられていました。実践的なやり方で、障害のあるアーティストを手助けできる創造的な方法はとても心を揺さぶられるものでした。

 
 
 

How was Naked Craft Project Residency?
Our very attentive host hasn’t just organized a full program of collaboration/exhibition, workshops and visits, but also ensures we meet as diverse a range of artists and art initiatives as we can possibly fit in. His tenacity and commitment to this project are commendable. One of the visits that stood out was an artists’ studio ran by a team that supports disabled artists making their work. It was a visit neither of us will forget easily. After a warm welcome, the staff and owner of the studio went out of their way to show us a large part of the art work created. Impressed by the high standard of work, each piece shown was accompanied by the story of the artist behind the work. The creative ways in which they are determined to help these artists in practical ways was incredibly inspiring.

 
 
 
sddfs.jpg

2018 Naked Craft Project vol.2

ver. Glass Research England

 

長田での地域交流について
私達は大学を二つ訪れ、クリティカルセッションに参加し、即席のプレゼンテーションを行いました。私達はガラス工芸コースだけでなく他のクリエイティブコースにもお伺いし、そこでも皆さん歓迎してくださいました。私達の議論は常に将来のことに向けられており、私達はどのようにして吉田さんが2つの文化のつながりをより強化するお手伝いができるかについてたくさんお話ししました。お互いが学び合えることは沢山あり、創造的な実践を通してお互いの文化を体験する機会を設けることは非常に豊かで有益なことだと思います。

 
 

How was the local community?
We visit two universities, where we take part in a critical session, give an impromptu presentation, and we don’t just see the glass department but other creative courses too, each more welcoming than the next. The conversation turns to the future and we have many discussions about how we can help Nobuyasu Yoshida strengthen the link between our two cultures. There is a lot we can learn from each other, and it is immensely enriching and beneficial to get the opportunity to experience another culture through creative practice.